小学校受験とはどういったものなのかご説明します

現在の日本では、ほとんどの人が大学受験を受けます。ただ、学力低下や不登校・学級崩壊といった小学校・中学校の現状が社会問題となっている今、できるだけ早くからよい教育を受けさせたいという小学校受験を望む親御さんもいます。とはいえ少子化や不景気の現在は少し落ち着きを見せている現状です。小学校を受験する場合、どういった入試内容となっているのでしょうか、事前にどういった準備が必要となるでしょうか。大学受験とはまた異なる小学校のお受験の現状があります。安心で安全な環境で子供を勉強させようと、どちらかというと親が中心となりがんばっているのです。専用の問題集もありますし、受験対策のために幼児教室に通わせる親たちもいます。ただ、国立小学校など志望者数も多く選抜段階での抽選もあるため運もまた必要となります。

小学校の場合の受験内容について

大学試験同様に筆記試験と言うのはあります。ただ、その内容は常識問題であったり、簡単な数量・図形・言語などを理解できているか程度です。そのほか基本的な運動能力や、集団の中での行動の様子・先生のお話がきちんときけているか・しつけがきちんとなされているかといった生活能力についてもチェックされます。そんな中、特に重視されるのが面接です。特に、家庭の教育方針が学校のものと一致していることが重視されるため、受験する学校についてよく研究した上で面接に望むようにしましょう。とはいえ、面接時間は5分から10分程度と短く、それぞれの質問が深く掘り下げて聞かれるわけではありません。簡潔に答えられるようにし、できれば体験談など具体的な内容を加えながら話せればよいでしょう。

いつから受験対策を始めればよいのか

多くの家庭で、年中の頃から1年間かけて受験に望みます。ドリルなどやらそうとしてもあまりに小さいうちだと身には付きません。それよりも普段の生活の中でのしつけを重視した方がよいでしょう。受験に関係なく必要なことです。箸の持ち方やお着替えなどだけでなく、親子で季節の行事を楽しむようにしたり、絵本の読み聞かせをしてやったり、お散歩の中で季節の花の名前を覚えたり、楽しみながら小学校受験対策ができたらいいですね。元々は子供が良い環境で勉強できるようにという気持ちで受けるものです。有名小学校に入れたいという親の見栄だけで押し付けていては子供のためにはなりません。最近では子供たちが自然体験や生活体験をする機会が乏しくなっています。受験を機会にもっと体験させてやるのも子供のためになるでしょう。

非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 小学校受験合格のため、お子様だけでなく一緒に頑張るお父様・お子様のサポートも充実しています。小学校受験は【伸芽会】が徹底サポートいたします