パターンで把握する小学校受験の形式

小学校、さらに言えば幼稚舎から、お受験をするお子さんもたくさんいます。本人の意志ではなく、親の考えに従って入学するケースが多いのですが、幼稚園程度の若いお子さんが、受験をしなければならないことは、とてもかわいそうに思ってしまいます。一般的には、ペーパーテストをして、面談を受けるというパターンになりますが、有名大学の幼稚舎や小学校ですと、競争率も高く、かなりの学力が必要になりますので、親御さんは、かなりの金銭的な負担を負うことになります。ただし、幼稚舎から大学までの一貫校ならば、将来確実に有名大学に入学することもできますし、優秀な学友ができることや、大企業などへの就職も可能になることを考えると小学校受験も悪くはないと考えることもできます。しかし、基本的には、親御さんの自己満足に過ぎないのではないとも考えられます。

ペーパーテストよりも親子面談が重視される傾向

有名大学の小学部ですと、幼稚舎からのストレートで入学するお子さんと、小学部から入学する子供に分かれます。幼稚舎からのストレートの場合には、すでに子供や親御さんのことを把握されていますので、面談だけで済むことが多いです。しっかりと学費や寄付金なども費やしているので、不合格になることは、ほとんど考えられないと考えてもよろしいです。しかし、小学部から入学する子供は、学力や性格も問われますし、言葉遣いなどの生活態度が重視されることも多いです。親御さんと一緒に面談を受ける場合は、親御さんが近くにいるので、しっかりした面談の対応をお子さんもできるはずですが、親御さんと一緒ではなく、お子さんだけで面談をすることもあります。いくら、訓練しても日頃の生活態度を隠すことはできません。格式の高い小学校受験は、学力よりも、性格が重視されることが多いと理解すべきです。

幼稚舎からのストレート入学も多い

関東や関西の有名大学の付属小学校では、幼稚舎からのストレート入学者もいます。もちろん、幼稚舎に入学する際には、入学できる学力があると判断できるので、お子さん自身に問題があることはないはずです。むしろ、親御さんの職業や年収などが重視される傾向にあると理解してもよろしいです。私立大学の場合は、入学金や授業料がとても高く、また、寄付金などを要求される場合もありますので、親御さんの資力、社会的位置づけ、名誉なども考慮されることになります。幼稚舎時代に、しっかり寄付金を支払ってきた実績のある生徒ならば、不合格になることはないです。よく、各学校で定員が公表されていますが、真に受けてはなりません。そのうちの半数以上が、幼稚舎からのストレート入学というケースも十分に考えられるのです。

Comments are closed.